《簡単DIY》100均アイテムでコンロ奥の隙間解消!

暮らし
スポンサーリンク

賃貸に引っ越して、備え付けのコンロがないこと、よくありますよね!

コンロを購入して、いざコンロを設置してみるとコンロ奥に隙間が!!( ;∀;)

今回はコンロ奥の隙間を100均アイテムだけで解消する方法をご紹介します(^^)/

スポンサーリンク

コンロ奥の隙間

我が家のコンロ奥の隙間はこちらです↓

Before

この隙間に料理中の油や食べ物が飛んで行くんですよね( ;∀;)

掃除も奥まっているのでしづらいし・・・。

ということで、この隙間をなくしてフラットにしていきます。

After

コンロ奥のラックも販売されていますが、100均でどうにかしたかったので、DIYしてみました!

おしゃれなラックもtowerシリーズで売っています。

ちなみに、汚れないようにコンロの下にはダイソーで購入した、下敷きを敷いています。

準備するもの

  • コンロ奥のサイズの板
  • キッチン用アルミシート
  • 突っ張り棒2本
  • マスキングテープ

全て100均(ダイソー)で揃えました!

私はコンロ奥の隙間のサイズぴったりの板がダイソーにあったのですが、サイズがない場合はホームセンターなどに安く売っているので探してみるといいと思います( ^ω^ )

作り方①

板にアルミシートを貼っていきます!

アルミシートはお好きなデザインのものを選んでください。

色んな柄が売っています↓

アルミシート自体にも粘着力がありますが、しっかり貼りたかったので、裏面は剥がれないようにガムテープで固定しました。

裏側はどうせ見えないので、固定できればOK!

←こんな感じに貼れました!

作り方②

突っ張り棒を2本突っ張らせます。

突っ張り棒が滑らないように、壁に油などが付着している場合は掃除しておきましょう。

作り方③

突っ張り棒の上に①で作った板を置きます。

板を置いたときにコンロと水平になるように高さを調整します。

作り方④

コンロと板の隙間(溝)をマスキングテープでふさぎます。

私はこのマスキングテープを使いました。

テープを貼ったら完成です!!!(^^)/

コンロ奥の隙間がみごとに解消されました!

おまけ

コンロの横にもスペースがあるので、私は100均の棚を置いています。

こんな感じです。

この棚に、料理中の鍋のふたを置いたりして活用しています。

ちょっとしたものを置けるので便利です(^^)/

コンロ奥の隙間を解消して快適に

コンロ奥の隙間をなくすと、食べ物のかけらなどが落ちないので掃除がとっても楽になりますよ(*’ω’*)

そんなに重いものでなければ、板の上に鍋も置いておけます。

汚れやべたつきが目立つようになったら、アルミシートとマスキングテープを貼りかえるだけで、またきれいな状態に戻ります!!

ラックは買うと3千円近くしますが、簡単なDIYだと500円でコンロ奥の隙間が解消できます!

ぜひお試しください(^^)/

 

コメント